研究・開発

Toxic-AGE TAGE[ Toxic-AGE ]

TAGEとは?

生活習慣病の原因の一つとされている食物由来の糖化最終産物:AGEsの中で最も細胞障害性の高い グリセルアルデヒド:Toxic-AGEs:TAGEです。金沢医科大学総合医学研究所糖化制御分野教授の竹内正義先生に教えを受け、且つTAGEの全てを解明することの指示の下、熊本大学創薬研究センターの協力いただき構造解析を行っております。

TAGE(Toxic-AGE)病因説
TAGE(Toxic-AGE)病因説
血中 TAGE量測定と臨床研究の広がり
血中TAGE量測定と臨床研究の広がり

TAGEをコントロールすることができれば、生活習慣病や糖尿病や認知症、不妊症さらにはがんなどへの進展を遅らせることが可能であると考えられています。 入り口である生活習慣病を予防し、健康寿命を延伸させることが可能なのは、適度な運動とTAGEをコントロールする食事の摂り方にあるかもしれません。

figure07_thumbnail
飲料(885種類)中の糖質含有量の比較
飲料(885種類)中の糖質含有量の比較
飲料(885種類)中の各種 AGEs含有量の比較
飲料(885種類)中の各種AGEs含有量の比較
back
ページの先頭へ