Bloom Technology 株式会社は、国内の基礎研究成果から世界に通用する独創的な医薬品の開発を目指す創薬ベンチャーです。2014年11月、これまで一緒に研究してきた国内の大学の各先生方のバックアップをいただきながら発足しました。「A G E s」という物質をご存じでしょうか。
タンパク質と糖の非酵素的糖付加反応(メイラード反応)により産生する「終末糖化産物」と言われるもので、体内に沈着、 蓄積されヒトの老化を早める物質としてその名が知られるようになりました。アンチエイジングなど美容分野で、肌のシミやシワを増やす、肌のハリを失わせる原因物質とされておりますが、わたしたちは、ヒトの健康に有害な様々な疾患の原因物質として、AGEsに注目し研究を続けています。
特に毒性AGEsと言われるTAGE(Toxic-AGEs)は、血管病変、アルツハイマー病、 がん、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、不妊症に関連していると報告されていることから、わたしたちは、ヒトの血液中のTAGE濃度を調べ、さらに、TAGEが原因となる疾患の治療薬の開発を推進しています。

「新しい命のためにわたしたちができること」

わたしたちが開発した医薬品によって、より健康で、より質の高い生活を提供できるよう、世界市場に挑戦してまいります。
何卒、今後とも相変わらぬご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


PAGE TOP